読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CMS論争するのやめませんか?

f:id:yorozuya-george:20170517103501j:plain

育休4ヶ月目突入!

お久しぶりです。よろづ屋/Office ENのジョージです。

3月に三男も元気に産まれ、2月から取っていた育休も早4ヶ月目です。

パソコンを開かない日もあったり(スマホは見る)して、だいぶ健康的な生活を送っています。

朝は長男を幼稚園に送り、昼過ぎには幼稚園にお迎え、18時頃には食事を子どもたちと食べ、お風呂に入って子どもたちとドラえもんAmazonプライムで見て12時頃には寝る(息絶えるが正確)。

なんと健康的なのでしょう!

こんな生活を9月上旬(長男の夏休み終了時期)まで送ろうと思っています。

 

浦島太郎にならないために情報収集

そんな中でもいろんな情報は収集しています。

mstdn.jpを運営していた大学院生のこの話はシンデレラストーリーだなぁと思い、すごいなと思いました。

news.yahoo.co.jp

 

これを読んで「Bitcoin」の話題も熱いなぁと思っています。

jp.techcrunch.com

 

上記記事のタイトル内にあるCoincheckは5月9日に障害出してしまいました…。

coincheck.com

本題に戻ります…

僕も制作者のはしくれです(最近は制作自体はやっていませんが)。

メジャーであるWordPressをはじめ、いろんなCMSを触っています。

そのためCMSの情報は極力収集しているつもりです。

というか、周りにすごい人ばかりなのでFacebookのタイムラインで色々流れてきます。(みなさんありがとうございます!)

その中で最近このようなサイトを見ました。

wreath-ent.co.jp

37design.co

 タイトルでも分かりますが、なぜか両方の記事ともに「Jimdo 」「WiX」が槍玉にあがっています。

こんな記事は年に1、2回見るようになりました。

そして僕の周りもこの話題で盛り上がりますw

勝手な推測ですが営業をしたところにJimdo WiXで自分で作るからいらない」と断られたんじゃないかな…と。

そもそもホームページって「誰の」「何のため」にあるのか

 僕自身、ホームページは本来「ご自身の事業や製品、サービスなどをより広く、いろんな方に知ってもらうためにあるもの」ということが大前提にあると考えています。

特にJimdo 」「WiX」を使ってホームページを作ろうと思う人は、固定ページ(ブログ記事じゃないとこ)で10ページくらいの方が多いのじゃないかと考えます。

何よりも「自分で作るぞ!」と思ってるくらいなので依頼するのに予算的問題もあるのかもしれません。

僕はそんな方にはJimdo 」「WiX」を思う存分使って情報の発信をおこなってもらえば良いと考えています。

と言うのは、自分で自分のホームページを真剣に作るということは「自分の事業に向き合う」ことになります。

JimdoCafe 久留米」を運営していることもあり、小規模サイトの相談を受けることが多いのですが、ご自身で作っていてもJimdo 」の機能をしっかりと把握して、うまく作り込んで、ご自身の事業をしっかりと伝え切れている方もいらっしゃいます。
そういった方は「誰に」「こんなことを伝えたい」ということが明確に説明できる方が多く、お客さんもそれなりにいらっしゃる方が多いです。

ホームページを見ている人にツールは関係ない

「このホームページ何のCMS使って作っているんだろうか?」なんて思うのは正直言ってウェブ関係者だけじゃないかと思います。

何か情報を探している人が、検索で出てきたホームページが「Jimdoで作られてるからこの情報ダメだな」「WordPressで作られているから良い情報」なんてことにはならないと思います。

見ている人には「CMSが何か」なんて全く関係ないのです。

大事なのはそのホームページに掲載されている「情報(コンテンツ)」なのです。

この記事書いてる真っ最中に知り合いのウェブ制作者が、Facebookでこういう投稿をしました。

【ホームページをなにでつくるか的な話】
WordPressだろうが、a-blog CMSだろうが、コンクリ5であろうが、Jimdoであろうが、ペライチであろうが、WIXであろうが、アメブロであろうが、Facebookページであろうが、あれであろうがこれであろうが、
これらは「道具のひとつ」であって、
ご商売の内容によって、向いている道具を選択できるかが大事なわけで。
20万円のパン屋さんのオーブンでも、5万円のヘルシオでも、3000円のオーブントースターでも
食パンは焼ける。

まさしくこう言うことを書きたかったのですが、分かりやすかったので使わせていただきます。

(山本和泉さん、事後報告ですが文章お借りしました。)

まとめ

お客さんはそれぞれの目的を持っているので、それにフィットするツールを選んであげることがいいと思います。

お客さんのためにも制作者側は選択肢を増やしていた方が、制作者として「より良いサービス」が提供できるのではないかと考えます。

お客さんから見ると、CMSに対価を払っているわけではなく、目的を達成するためのホームページに価値があるわけです。

CMSはただのツール。だからこそCMS論争はやめましょうよ。

適したものに適したものを使う、これがプロなんだと思います。

制作者向けにJimdoの話で登壇します 

f:id:yorozuya-george:20170517104148p:plain

MovableTypeのコミュニテイ「MT saga」&「MT福岡」さん主催で開催されるCMS井戸端会議に登壇します。
「それぞれのCMSがどんなサイトにフィットするのか」などが聞けると思います。

僕はJimdoの概要と、マネタイズしにくいと思われているJimdoでどうやってマネタイズするのかという話をさせていただきます。

まだまだ参加者募集中ですので、ぜひご参加ください。

イベント詳細はこちら

docs.google.com

 

 

 

WCK Meeting Vol.47 新春ライトニングトーク大会

 

今回初めて高知に行きました。

f:id:yorozuya-george:20170116185148j:plain

今回、昨年のOkaweb年末スペシャルに参加した時に、高知のWeb業界を盛り上げるコミュニティのWCK(ウェブクリエイターズ高知)の運営スタッフの方に誘われて参加する運びとなりました。

 会場も綺麗で、何よりも参加者が多い!

f:id:yorozuya-george:20170117122618j:plain

今回のLT大会は12人の登壇!

LT大会とはいえ、こんなに多くの登壇者が出演するのに参加するのもはじめてでした。

なんと高知県外からの登壇者が半数!

北は京都から南は福岡まで。タイ生まれ日本在住の方もいらっしゃいました。

僕が今回話した内容は100%宣伝です

今事務所を一緒に借りているプログラマーと2017年からはじめた「web制作者向けのWordPrss保守サービス」のこと、2月11(土・祝)に開催する「!important #03 -コミュニケーションで決める制作フローの良し悪し-」について話しました。

f:id:yorozuya-george:20170117121616j:plain

僕がもっとも伝えたかったこと

「クライアントに安心・安全を、クリエイターにも安心を」というところです。

特にフリーで活動されているデザイナーの方や元々プログラマーがいない制作会社さんがPHPを理解するには結構学習コストがかかったりするので、「餅は餅屋」という体制が一番良いのではないかと考えたからです(雇うとなると話はまた別ですが)。

実際、一緒にやっているプログラマーもエンジニアである僕もデザインやコーディングに関しては発注しています。(お仕事受けてくれる方絶賛募集中!)

登壇者の内容もバリエーションに富んで面白かった 

 技術よりの話もあったり、地域活性の話もあったり、エンジニアとしてやってほしくない話があったり、巨匠のカメラの話や大御所のお金の話と内容は真面目だけど、みなさん面白く話してくれたので内容が耳に入りやすく残りやすかったです。

もっと自分も話す練習しなきゃなと思いました。

ちょっとだけ登壇者のご紹介。

岡山の前川さん:Sublime TextとeCSStractorでサクサクマークアップ 

f:id:yorozuya-george:20170117120121j:plain

松山(愛媛)の阿部さん:「お前にはできない」と言われた私がフリーランスを続けられている理由

f:id:yorozuya-george:20170117114507j:plain

高知の大久保さん:新しい仕事を創るお話

f:id:yorozuya-george:20170117114513j:plain

高松(香川)の鍋坂さん:手軽になったからこそ知っておいてほしい写真の重要性

f:id:yorozuya-george:20170117114523j:plain

高松(香川)の山崎さん:地方でウェブ制作業をつづけるために

f:id:yorozuya-george:20170117114755j:plain

撮影:WCK実行委員の中野 玄さん、上野 洋平さん

WCKのスタッフの方にもよくしてもらいました

f:id:yorozuya-george:20170117114220j:plain

左から代表の杉本さん、実行委員の間嶋さん、大久保さん

お土産はもちろん「通りもん」

f:id:yorozuya-george:20170117114417j:plain

 こんな懇親会は初めて!路面電車が懇親会会場「おきゃく電車」

 

f:id:yorozuya-george:20170117120926j:plain

高知の中心部を走る路面電車の中が懇親会会場でした。

高知の方でも「おきゃく電車」を利用して飲み会をすることはほとんどないらしいです。

車内はこんな感じ。

f:id:yorozuya-george:20170117121108j:plain

電車の揺れで飲み物がこぼれないように鉄製のドリンクホルダー(動かせます)が用意されています。

ドリンクホルダーは実際に電車に塗っている塗料と同じものを使っているとのことです。

懇親会では高知のクリエイターの方といろんな話ができました。

WordPress保守サービスにも興味を持っていただけた方もいらっしゃったようで、高知まで足を伸ばして良かったと思います。

参加された方、WCK実行委員の皆さん、一緒に登壇された方、本当にありがとうございました!

みなさんとご一緒させていただき大変楽しかったです。

またどこかでお会いしましょう!ありがとうございました!!

f:id:yorozuya-george:20170117122512j:plain

 

あけましたおめでとうございます

2017年になりましたね!

あけましておめでとうございます。Office EN / よろづ屋のジョージです。

もはや年が明けて13日も経過した時点で「あけましておめでとうございます」もないのではないかと思いつつ記事を書いています。

そして今日は「13日の金曜日」。不吉なことが起きないように願っています。

実は昨年11月に再移転していました…

8月に博多から天神の大名に移転したばかりでしたが、11月に再度移転していました。

以前はコミュニケーションを大事にする中小企業の為の提案型ホームページ会社株式会社リクトさんに間借りする形で移転したのですが、今回は同じリクトさんに間借りしていた株式会社ジーティーアイの佐藤さんと共同で事務所を借りました。

とはいえ、リクトさん事務所とは道一本違うだけなんですけどね(^^;

株式会社ジーティーアイの佐藤さんってどんな人

こちらがジーティーアイの佐藤さん。

f:id:yorozuya-george:20170112183336j:plain

職種はプログラマーです。かなり凄腕のプログラマーです。

WordPressのことやbaserCMSのことを聞くと大抵答えを教えてくれます。

技術的な情報共有や見積もりの相談、案件の共有などがすぐにできるので、僕にとっては大変助かっています。

僕のデスクはこんな感じです

f:id:yorozuya-george:20170112183406j:plainf:id:yorozuya-george:20170113151611j:plain

ごちゃごちゃしてます。

キーボードとトラックパッドの下に敷いているのは、瀬戸内海の大崎上島でオーダーメイドの革かばんを作っている島のかばん屋さんの髭じぃからいただいたマウスパッドを2つ繋げて使っているものです。

「YOROZU-YA」の刻印入りという超レアものです!

執務スペースと打ち合わせや勉強会で使えるスペースがある事務所

事務所部分の席は4席あります。

株式会社ジーティーアイで2席、Office EN / よろづ屋で1席。

そして2017年1月から東京に本社がある株式会社アッタデザイン 福岡オフィスが同じスペースで業務をおこなうようになりました!

常駐するアッタデザインのディレクター釣巻(つりまき)さんです。

秦基博さんに似ています。

f:id:yorozuya-george:20170113145452j:plain

デザイン会社の方が近くにいるのはエンジニア&プログラマからするとかなり心強いです!

打ち合わせ(勉強会)スペース

f:id:yorozuya-george:20170112183412j:plain

現在は4人しか座れませんが、椅子を買い足したり、ちょっと大きめのモニターかプロジェクターを買い足して、より快適に打ち合わせや勉強会を開催できるようにしたいと考えています。

 

こんな感じで事務所も新たに2017年をスタートしました!

本年もよろしくお願いします!

新事務所の住所

Office EN / よろづ屋(JimdoCafe 久留米)あての郵送物はこちらにお送りください。

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-9-7-601

はじめて岡山WEBクリエイターズに参加しました

念願の「岡山WEBクリエイターズ」に参加!

前々から気になっていた「岡山WEBクリエイターズ(通称:okaweb)」。

いろんな人から「okawebきてください!」と言われていたのがやっと実現できました。

会場は岡山市北区にあるokayama move up cafe。カフェがセミナー会場なんてお洒落ですねぇ!

今回は「年末スペシャル2016」ということもあって、雰囲気はクリスマス!
受付を担当している女性みなさんがサンタ帽をかぶって参加者を出迎えてくれました。

f:id:yorozuya-george:20161213185255j:plainf:id:yorozuya-george:20161213185305j:plain

 

2017年に気をつけたいデザインのまとめ/坂本邦夫さん(カラー&Webデザイン フォルトゥナ代表)

f:id:yorozuya-george:20161213185323j:plain

プライベートでも懇意にしてもらってる坂本さんのセッション。
海外サイトから見る、2017年のデザインで気をつけておきたいことや、画像解像度についての話を聞くことができました。
坂本さんらしい切り口の内容で、デザインをしない僕でも参考にできる内容を聞くことができ、今後のサイト制作に役立てることができそうでした。

 

中四国ライトニングトーク

クリエイターが半年間カナダで過ごしたお話/大西 由季さん(kurokoroll)

f:id:yorozuya-george:20161213185330j:plain

カナダで半年間過ごした大西さんが現地での経験をもとに、カナダと日本のサイトの違いや、カナダでの苦労した経験を聞くことができました。
僕自身はいまいま海外に行きたいという思いはない(とはいえ海外のインフラ案件はやっている)のですが、英語を話すという点では全然ダメなので、いつでも海外に出れるように今のうちから最低限の会話ができる準備はしておきたいなと思わされる内容でした。

 

ホントに大事な見積もりの話/入交 昭さん(HOOP Design)

f:id:yorozuya-george:20161213185337j:plain

今回、告知の時から気になっていた話でした。
フリーだろうと会社だろうとまわりがどのような見積もりを出しているのか気になる方は多いと思います。
特に僕自身は「見積もりに100%の正解はない」と思っているので特に気になるトピックでした。
今後の参考にさせてもらえる内容が聞けました。

 

岡山発の音楽ウェブサービスと東京進出の話/西尾 周一郎 (株式会社クレオフーガ)

f:id:yorozuya-george:20161213185345j:plain

消費者金融に駆け込むほど資金ショートしていたこともある」という件がすごく耳に残っています。
それでも現在はピクスタさんと提携したりと前線で活躍している西尾さんは、そうなる前から自社サービスを信じて、向き合って成長させていったんだなぁと感じました。
今後自分の事業を発展させていくためにすごく勉強になりました。

 

okawebアワード2016

前年のグランプリの山川祐一郎さんのチャンピオンベルトの返還式からアワードは始まりました!

f:id:yorozuya-george:20161213185833j:plain

残念ながら山川さんと知り合ったのは昨年のこの頃なので、何をもって表彰されたのか全く存じ上げてないです(^^;

今年のグランプリは偶然となりの席に座っていた澤田望さん

グランプリに輝いたのは岡山のwebアクセシビリティを牽引している澤田 望さん!
僕は存じ上げてなかったのですが、岡山でwebアクセシビリティの第一人者として活躍されているらしく、CSS Nite in Okayama, Vol.6などで登壇されたそうです。
今後福岡でもぜひ話をしてもらいたいなと思います。

そしてなぜか僕も全国各地のセミナーへの積極参加、人脈開拓、東京と地方との仕事の架け橋役として「全国飛びまわったで賞」をいただきました(^^;
人から褒めてもらうっていうのは何歳になっても嬉しいですね!ありがとうございました!

そのほかにも「レスポンシブ普及活動賞」を受賞した前川昌幸さんや、ブログプラットフォームg.o.a.tに写真提供してる堀田愛子さんが「写真がんばったで賞」、CSS Nite in Fukuokaにも遊びに来てくれた阿部冴香さんが「グラレコがんばったで賞」などなど今年活躍された方が受賞されていました。
各賞バリエーションに富んでいて「okawebすごいな!」と思いました。

 

web制作トレンドニュース2016/阿部 正幸さん(KDDIウェブコミュニケーションズ エバンジェリスト

2016年を1月から順に振り返っていくという流れで話がすすみました。
僕の中で「Flexbox勧告候補」「SSL無償化」「HTML5.1勧告」が一番印象に残っています。
阿部さんの話にも出て来たHTML5.1のsrcsetはまだまだ実案件で使うのは難しい部分もありますが、今のうちから「どういったものなのか」を知っておくと、今後「1歩進んだマークアップ」ができるのではないかなと思おいました。
今年を振り返るいい機会となりました。

 

はじめてokawebに参加して

自分も福岡で「CSS Nite in Fukuoka」をお手伝いさせてもらったり、よろづ屋として「!important」や「JimdoCafe 久留米」を主催していますが、地方でもこんなに人が集まり、おもしろいwebセミナーを開催している地域があるとすごく励みにもなり、今後のセミナーのやり方などの勉強になりました。

ただokawebは今回で39回も開催しているという「経験と歴史」があるので、僕はまだまだだなと実感したのも事実です。

主宰しているCODE54の後藤さんはじめ、運営スタッフの方、登壇された方お疲れ様でした。

okawebには今後も参加したいと思います。